試験制度概要(費用・日程・種目)

試験の制度概要です。最新の情報は、銀行業務検定協会のホームページをご覧ください。

試験の受験資格

試験は、銀行員に限らず誰でも受験できます。(学生でも可)

試験の範囲・種目

試験範囲は分野ごとに4-2級までの試験があります。分野は、法務、財務、税務、年金、信託・証券、マネジメント、融資・渉外、外為、金融経済、FA預かり資産などの10分野です。これら10分野がレベルごとに細分化され、約40種目の試験に分かれています。試験ごとの合格です。

種目の一覧は、「受験種目選びのポイント」のページからご覧ください。
1年の試験日程とあわせて確認することができます。

受験費用

各種目の受験費用は以下のようになっていますが、種目によっては異なる場合もあります。
4級 2,625円
3級 3,150円
2級 5,250円、7350円(種目による)

試験日程

試験は、3月、6月、10月に実施され、毎回、受験できる種目は異なります。

受験地

30万人の方が受験する資格とあって、日本全国津々浦々で試験が開催されています。
ひと県当たりに、何箇所も受験地があるので、比較的ご近所で受験できる可能性が高いです。
(200箇所以上で開催されるらしいです)。
地方にお住まいでも受験しやすい資格ではないでしょうか。

合格点

おおむね60点です。大きな変動があると調整されるときもあるようです。

Comments are closed.