銀行検定の評価や価値

銀行業務検定(銀行検定)資格の概要です。
最終更新日:2011年2月4日

銀行検定とは

銀行業務検定は、銀行で働く上で必要な業務知識や技能を持っていることを証明するための資格です。
銀行や信用組合では、事実上、銀行検定の取得が義務付けられているため、
毎年多くの方(30万人)が受験しており、銀行業界では定番の資格になっていますます。
また、生命保険会社(生保)でも広く金融商品に関しての知識をもつため
銀行業務検定の受検が推奨されていることがあります。

ちなみに、おなじく金融業会でも証券会社では、
証券外務員やフィナンシャルプランナー(FP)を取得する方が多く、銀行検定にそれほどの地位はありませんが、
キャリアアップなどを考えて受験される方は増えています。

受験資格は特にないので、銀行業界を志望する大学生や専門学校生の受験も増えています。
銀行業界を目指す学生にとっては、これほどアピールのできる資格はないでしょう。

銀行員が銀行業務検定を受検する理由

  • 事実上、受験が義務づけられている
  • 昇進の条件になっている
  • 業務知識の幅を広げることができる

銀行員になりたい大学生が銀行検定を取るべき理由

銀行に就職したい大学生はぜひ取得しておくとよい資格です。銀行というのは、意外にも資格社会です。資格を持っていることで、銀行で働く上で基本となる知識を持っていることを客観的に証明できます。また、資格取得のために銀行業務について勉強するので、銀行業界についての知識を深めるよい機械になるでしょう。

実際に就職できた際にも、同期より半歩でもアドバンテージが得られているのではないでしょうか。

Comments are closed.